アフターピル通販/安くて副作用も少ないジェネリック等を紹介。

アフターピル通販

アフターピル通販

 

事が起きてからでも72時間以内なら間に合うアフターピルですが、やはり事が起きる前に備えておいた方が憂いは少なくて済むでしょう。万が一にも事が起きてしまったら絶対に避妊に失敗し無い為に即行で飲みたいですよね。市販されてる薬ではないので近所の薬屋さんに行っても買う事は出来ませんが。

 

アフターピルは通販でも購入が可能です。しかも一回きりの服用ですので、長期服用するピルのように、この疾患は禁忌・あの疾患は医師に要相談といった事が一切ありません。唯一、既に妊娠の成立してる方は服用を禁止されてるだけですね。禁止されてると言いましても仮に間違って妊娠に気づかず、服用してしまっても胎児には影響がありません。

 

アフターピルを飲んだからと、何らかの障害を抱えて生まれてくるなんて事はありません。禁止とされてる理由は、ホルモンの状態も大きく変わってしまってる妊婦さんには
いささ
アフターピルは余計な負担が掛かるからという理由です。

 

かなり改良されてますが、人によっては吐き気など感じる方が居ます。

 

 

けれど安心して下さい!嘔吐に至るケースは安心の
0%です(当サイト調べ)しかも二回に分けて飲むタイプから
一回きりの服用タイプが主流になってますので、12時間後に服用という煩わしさが無くなりました。

 

性交後72時間以内に、一度だけ服用して、後は消退出血を待つだけなんです。この72時間って守れそうで意外と事が起きたタイミングにより守れないケースが有りますよね。何もできず72時間の超過後、産婦人科を受診するのでは間に合いません。
どんなタイミングで「まさか」の事が起きても対処できるように。

 

アフターピルを通販で取り寄せておく事をお勧めします。併せて妊娠検査薬も取り寄せておきましょう。

 

自分の身は自分で守りたい女性に、負担の少ないアフターピルをご案内します

 

服用前・服用後に、念の為、妊娠検査薬で確かめましょう。

 

アフターピル効果

 

 アフターピルの効果は勿論、望まない妊娠の回避です。以前は2回に分けて服用するタイプも多く、薬の影響で寝過ごし二度目の服用が大幅に遅れ、時としてアフターピルの効果を引き出すことが出来ず失敗に終わったりなんてケースもあったようです。また改良前は強い吐き気がネックになっていて、服用から2時間以内で吐いてしまった場合追加で服用する必要が有ったりで負担は大きいものでした。

 

アフターピルの効果、働きは主に大きく、二つです。ホルモンを調整して子宮の内膜を剥がし、着床を阻害すると同時に、排卵を遅らせる効果も有ります。精子の寿命は2〜3日とよく聞きますよね。でも実は、長いものは1週間は中で生きるそうです。

 

けれどアフターピルの働きで排卵が抑えられてますので例え精子が生きていても受精する先も、着床する先も無いので、ダブルの働きで避妊は成立します。ただ、この効果を発揮してくれるのにはリミットが有ります。

 

前のコーナーでも述べましたように、性交後、72時間です。72時間は確かに避妊成功のカギを握りますが。
これを過ぎてしまったら必ず失敗に終わる訳ではありません。仮に性交が排卵日前であればアフターピルで排卵を遅らせる事で妊娠の回避は可能です。

 

 

なので、例え72時間を超えてしまっていても服用し、望まない妊娠の回避に努めて頂きたいと思います。私の経験上ですが
アフターピルを処方して頂いて、その場で服用するように言われました。万が一に備え何錠か下さい!とか家に帰って飲みますとか出来ない雰囲気でしたね。

 

私の場合運よく、次の日が平日で受診もスムーズで行為から
14時間後と、比較的早いタイミングにアフターピルを服用できましたが、この時、強く思いました。万が一に備えて
ホントに取り寄せておくべきだと痛感しました。何とも辛く不安で、実に長い14時間を過ごしました。

 

もしもに備えたい女性の為に、身体への負担の少ないアフターピルをご案内します

 

アフターピル値段

 

 アフターピルの値段って、結局、保険適応外だから、診察も含め、結構掛かるんですよね。平均的な金額は凡そ3000円〜5000円とされてます。中には受診した病院によって、内診・膣内洗浄等も受け、窓口請求も2万円近くを請求された方も居るみたいですね。

 

 

一番良いのは、事が起きてから、飛び込みで初診で処置をしてもらうより、日頃から安心して、掛かれる信頼できる産婦人科医を見付けておく事ですね。

 

でも調べる限りですが、通常は膣内洗浄の処置って必要ないみたいですね。本当に、医療機関により処置内容も金額も変わって来てしまうんですね。これから、かかろうとする医療機関が平均的な金額で処方してくれるところなのか事前に確認してみるのも大事ですね。

 

けれど、切羽詰まってる状態で、悠長に確認できる精神状態が保たれてる保障も有りません。今、冷静で有るタイミングで、予めアフターピルを通販で取り寄せておくという事と、近所の産婦人科医の情報収取をしておくのも最善の方法かと存じます。

 

他のコーナーでも述べましたが、一度きりの服用ですので相性の悪い薬等、持病などは一切気にせず服用できますので通販で取り寄せて、いざと言う時に速やかに服用して頂きたいと思います。

 

医療機関の窓口で処方して頂くより、安く、費用を抑えて入手できます。予め入手しておく事のメリットとして必要最低限の出費で済む点と、やはり時間勝負のアフターピルを、飲みたい時に直ぐに飲める・服用したくても服用できないストレスを感じる事無く直ぐに対応できる点は大きなメリットではないでしょうか。

 

アフターピルの値段を少しでも抑えつつ自分の身を守りましょう

 

アフターピル悪影響

 

 アフターピル悪影響という、嫌な書き出しですが。決して悪い所だけ掻い摘んで、否定するわけではありません。アフターピルを服用する際・服用した後、ジワジワとくる不安に対し、しっかり安心を提供したいと考え敢えて、こういった書き出しにしました。そうです。当サイトが提供するのは「安心」です。

 

 

まず、服用して予後何年という単位で悪影響が起こる事は有りません。
人によっては一時的に吐き気などのアクシデントは起こるかもしれませんが、これは望まない妊娠を避ける為に、ホルモン環境を強制的に大きく変える為です。その変えられたホルモン環境が尾を引いて、将来、妊娠出来ない身体に成ってしまうとか、障害のある子供が出来やすくなる等の悪い影響は一切起こりません。

 

安心して望まない妊娠を回避して頂きたいと思います。一昔前のアフターピルと違い改良が重ねられて、主流になってきた「アイピル」なら、より安心して服用できるのではないでしょうか。一昔前のアフターピルでも現在の改良の進んでるアフターピルでも悪影響が出て予後が悪くなるなんて事は一切ありません。

 

悪影響は出ることは有りませんが、避妊に失敗する度に何度も飲める物ではありませんので、妊娠を望まないのであれば、やはり、それなりに対応が必要になってくると思います。しっかり、コンドームを使用する。

 

 

またはパートナーの協力・理解が得られないのであれば低用量ピルの服用を前向きに考えるなどです。

 

アフターピルへの悪影響の誤解も解けたところで万が一に備えたい方は確認ください

 

アフターピル同意書

 

 避妊に失敗した!性犯罪に巻き込まれた、家族に内緒で何とか避妊処置をしたい。でも自分はまだ未成年。病院行きたいけどアフターピル処方時、同意書は要るのかって不安が湧きあがるのではないでしょうか。

 

事が起きてしまった後で冷静に行動が出来ないかもしれませんが、まず、どこの産婦人科でも処方してくれるわけではないそうなので、事前の電話確認でアフターピルの処方が可能か確認しましょう。

 

 

併せて保護者の同意書の事も念の為確認しましょう。通常は保険診療外ですので保険証も不要だし、同意書も求められることは、余りないと思うのですが、なにぶん、アフターピルは時間との勝負ですので、事前の確認は、予期せぬ二度手間等を防ぐのに非常に重要になって来ます。

 

保険診療外と聞くと非常に高いイメージを持つかもしれませんが、ビックリするような金額を請求される事は昨今は無くなってきました。けれど、金額の事もしっかり確認しておきましょう。参考までに述べておきますが最近は、どこも、だいたい5000円程度です。

 

因みにアフターピルを通販で予め取り寄せる場合は、勿論、保護者の同意書も要りませんし、5000円も出費することは有りません。家族と同居で受取どうしよう!って悩んでる方も安心願います。まず梱包の仕方もしっかり配慮れていて中身がアフターピルなんて判らないようになってます。どうしても抵抗が有る場合は、局留めという方法もあります。

 

不測の事態に備えて、すぐに服用できるようにアフターピルを取り寄せておきましょう

 

アフターピルもらえない

 

 病院に行ってもアフターピルがもらえないケースが実はあります。勿論、嫌がらせ・困らせる目的で処方しない!なんてことは無く、もらえない主な原因として、受診した病院でアフターピルを扱ってなかったというのが多いそうです。

 

当サイトでも軽く触れましたが、アフターピルはどこの産婦人科でも扱ってるという訳ではありません。扱いが無ければ処方したくても出来ませんね。

 

焦りはあると思いますが、まず、こちらのサイトで最寄でアフターピルを処方してくれる所を探しましょう。

 

また、ちょっと驚いたのですが、パートナーが代わりに行った!なんて事も有るみたいですが、患者本人が受診をしなければ、当然ですがアフターピルはもらえません。貰えないというか、病院によって違うかもしれませんが、処方を必要とする、緊急避妊を要する患者が医師の見てる前で服用するのが一般的なスタイルですので当然のことながら代理人が行って掛け合ってもアフターピルはもらえません。

 

 

また、アフターピルも、むやみに飲めば良いというものではありません。時として飲まなくて良い場合もあります。例えば、どんな時かと言いますと、医師が問診などから分析し、避妊に失敗した時期と排卵時期が離れてる場合は、アフターピルをもらえない時が有ります。

 

もらえないというか、使う必要が無いと判断された状態
なのですが。改良を重ね、負担が抑えられ得るとは言え
服用せず妊娠を回避できる状態であるなら、やはり積極的には処方しないと思います。その場合は医師を信頼して、気持ち穏やかに生理を待ちましょう。

 

罪と失敗は、いつ起こるか判りません、自分の身を守る為にアフターピルをしっかり備えておきましょう

 

アフターピル処方

 

 アフターピルの処方って、どこの産婦人科でもやってるイメージが有りますが、取り扱ってない病院もあります。下調べせず飛び込むと時間ロスに繋がりかねません。

 

検索システムをリンクしておきますので、こちらを利用ください。全国アフターピル取扱い病院一覧

 

度々述べてますが、アフターピルは時間との勝負です。最寄りのアフターピル処方病院が見つかったら、次に電話で費用はどれ位なのか等、気になってる点を明確にして下さい。そして服用する本人が必ず病院に行って下さい。代理は通用しません。いかなる場合でも患者以外の人に処方はされません。

 

 

処方を必要とする本人が受診する事で、問診の後、例え未成年でも、中高生でも全く問題なく処方されます。保護者の同意を求められる事も有りません。

 

より深刻な事態に陥る前に、不安にならず、受診して処方されたアフターピルを服用してください。

 

処方と言うと窓口で貰い自宅で服用するイメージが強いかも知れませんが、全国の病院を渡り歩いたわけではないので言い切れないのですが、医師が見守る?前でアフターピルを一錠服用します。緊急避妊処置は実にシンプルで、これで終わりです。後は数日後〜本来の生理予定日までに起こる消退出血を待つだけです。

 

中には二度に分けて服用するタイプのアフターピルを処方してる所もあるかもしれませんが昨今、負担の少ないアイピルを用いる所が殆どだと思います。

 

アフターピルをより詳しく知って万が一に備えたい方は詳細をご覧に成り検討してください

 
ホーム RSS購読 サイトマップ