アフターピル通販/安くて副作用も少ないジェネリック等を紹介。

アフターピル仕組み

アフターピル仕組み

 

 緊急避妊薬として広く浸透してるアフターピルですが、何故アフターピルは妊娠を回避できるのか。ここではアフターピルが効く仕組みを述べて行きます。

 

実は、その、服用した時の生理周期の時期によって作用の仕方が違ってきます。例えばアフターピルを服用したのが排卵の前であれば、勿論排卵を制御します。そして子宮内膜を剥離させます。逆に、仮に服用したのが排卵後であれば、受精卵が子宮内膜に着床するのを阻止します。

 

 

どちらのタイミングで服用しても、最終的にはアフターピルの働きにより強制的に子宮の内膜が剥離されますので無事に避妊が成功します。

 

と言いましても既に妊娠が成立してしまってる場合は、この限りではありません。

 

凄い優れた仕組みですよね。アフターピルの服用が排卵前でも排卵後でも、しっかり、確実に避妊できるように女性ホルモンに働きかけるのですから。それだけ強い薬と言えば、その通りなのかもしれませんが、私の中では強い薬というより優れた薬という解釈ですね。

 

強いと表現すると副作用のイメージも付いてくる気がするので、敢えて私は優れた薬と言う解釈で居ます。
今のアフターピルは改良が重ねられて副作用が起こりにくく成ってます。

 

ただ、優れた薬なのですが、先週、避妊に失敗して服用した、今週もまた失敗したので、もう一回飲みますという感じに頻繁に飲めるものではありませんので、避妊には細心の注意を払って頂きたいと思います。

 

確かに優れた避妊効果を発揮してくれるのですが、相応のホルモン量を含有してるわけですので、必要以上に過剰に気軽に摂取できる物ではない事を把握しておいて頂きたいと思います。

 

アフターピルの正しい知識と仕組みを把握した上で危険の回避を考える方はこちらを参照ください

 
ホーム RSS購読 サイトマップ