アフターピル通販/安くて副作用も少ないジェネリック等を紹介。

アフターピル副作用

アフターピル副作用

 

 アフターピルの副作用、やっぱり気に成りますよね?けれど迷ってる時間は有りません。性行為の後72時間以内、どんなに遅くとも120時間以内に服用しないと効果を期待できません。

 

望まない妊娠を回避する最後のチャンスです。アフターピルを手にした時点で、貴女は妊娠を回避する方法を知ってるのですから。今のアフターピルは副作用が殆ど起きないとされてます。安心して迷わずチャンスを生かしてください。

 

 

ただ、一つ重要な注意点が有ります。アフターピルを服用後、まだ、消退出血が確認もされてない状態で、再び避妊に失敗したからと、再度アフターピルを服用することは出来ません。

 

性交は確実な消退出血を認めてから、しっかり避妊措置を講じたうえで行いましょう。(正しくコンドームを使用する・低用量ピルの服用を正しく継続する等)

 

以前は確かに嘔吐等、結構激しい副作用を起こす人が居ましたがアイピルなどは、本当に穏やかに消退出血を待つことが出来ます。どうしても過剰に嘔吐に警戒してしまう人は吐き気止めを処方してもらう、或いは市販の酔い止めを併用する事も一つの対策です。

 

他に、頭痛・腹痛・めまい・胸の張り・倦怠感など現れるかもしれませんが、いずれも一時的なもので、何日も継続することは有りません。24時間以内に、また楽になっていきます。

 

因みに、これ等の症状は薬が吸収され始める服用後、2〜3時間後に現れる人は現れてくるという事です。

 

予期せぬ事後でも間に合います、直ぐに対応できるように取り寄せておきましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ