アフターピル通販/安くて副作用も少ないジェネリック等を紹介。

アフターピル母乳

アフターピル母乳

 

 アフターピルが母乳に与える影響をご存知ですか?そもそも、母乳で育児中にアフターピルを服用する必要も無いような認識で居る方が多いと思いますが。

 

そもそも、何故母乳で育ててる間、妊娠しにくいのでしょう。産後は母乳の出を良くするためにプロラクチンというホルモンが多く出ます。一方で、このホルモン、排卵を制御する働きも有ります。

 

その為に、母乳で育児中は生理も来ないし妊娠しないという認識が広がったのだと思います。

 

けれど、全ての方に、これが当てはまるわけではありません。実際、母乳育児の方でも、産後1〜2ヶ月で
排卵・生理が再開する方が居ます。同時に、母乳の量が減るという現象が起きます。

 

当然ながら明るい家族計画に基づき、まだ次の子は早いと考える方も居れば、直ぐに次の子が欲しいと考える方も居るでしょう。

 

 

一般的に、産後直ぐは、子宮の中もキレイになるので、着床しやすく、妊娠しやすい時期と言われてます。
まだ次の子を考える時期では無いのなら、やはりパートナーとしっかり話し合い避妊に努めましょう。

 

アフターピルは、72時間以内に服用する事で、しっかり効いてくれますが、服用後、24時間、赤ちゃんに母乳を我慢させないとならないので、その点を注意して頂きたい思います。

 

一般的に、アフターピルの影響が母乳に出るのは、服用後24時間とされてます。24時間を経過すれば母乳にアフターピルの影響が残らないので再び授乳を再開出来ます。

 

時間勝負のアフターピルを予め手元に置いておきたいという方はこちらで詳細をご覧ください

 
ホーム RSS購読 サイトマップ