アフターピル通販/安くて副作用も少ないジェネリック等を紹介。

アフターピル2回目

アフターピル2回目

 

 アフターピルを2回に亘り服用する「ヤッペ法」は最近、余り採用されてないとは思いますが、無くなったとは言い切れませんので、このコーナーではアフターピルの2回目の服用について詳細を説明していきたいと思います。アフターピル12時間後の2回目の服用のトラブル対処法等含めて述べますのでお付き合い下さい。

 

アフターピルを2回に分けて服用する「ヤッペ法」は何かと負担が大きいですよね。

 

けれど、確実に服用する事が最も重要です。2度目の服用の際、多いのが時間の超過ではないでしょうか。このケースの場合は例え1回目から「12時間」超過してても気付いたら直ぐ服用してください。逆に、12時間より前に勘違いで服用しても、悪い影響は別段無いとされてます。

 

次に、これが最も重要なのですが、2回目の服用後、2時間以内に吐いてしまうと効果は失われてしまいます。例え1回目で無事に服用出来ても無効です。直ぐに処方してもらった病院に問い合わせ、指示に従って下さい。こういった、1回目の副作用を引きずり、2回目のピルを吐いてしまうケースは決して少なくありません。

 

 

病院によっては、吐き気を予測して、予め吐き気止めを一緒に処方してくれるかもしれませんが、処方が無い場合は先生に、その場で相談してみると良いかもしれないですね。それでも処方が無い場合は、心配なら市販の酔い止めでも充分に対応が可能です。

 

自分なりに、副作用を乗り切る工夫をして無事に回避しましょう。それでも副作用を警戒し過ごすより、私は一度きりの服用で終わるアイピルをお勧めしたいですね。

 

負担の少ないアフターピルで2回目を飲む必要のないタイプの緊急避妊薬があります、確認しましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ